黄斑の病気|稲毛海岸やすだ眼科|千葉県千葉市美浜区の眼科

〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高州3-23-1
ペリエメディカルビル美浜2F-B
043-306-8475
ヘッダー画像

黄斑の病気

黄斑の病気|稲毛海岸やすだ眼科|千葉県千葉市美浜区の眼科

加齢黄斑変性とは

黄斑は網膜の中心にあって、ものを注視する際に用いる重要な場所です。ここに大きなダメージを受けてしまうと光の明暗はある程度わかっても文字が読めなくなるなど大きな支障を生じます。加齢黄斑変性は、加齢によるダメージの蓄積で黄斑が変化して視力を低下させ、ものがゆがむ、視野中心が暗くなる、視野中心が欠けるなどの症状を起こします。緑内障や糖尿病網膜症とともに失明リスクのある怖い病気です。

加齢黄斑変性の種類

〈萎縮型〉

黄斑の組織が加齢に伴って萎縮していきます。進行はとてもゆっくりで、急激な視力低下を起こすことはありません。


〈滲出型〉

網膜のすぐ下にもろい新生血管ができて、この血管が破れるなどして黄斑にダメージを与えます。新生血管は壊れやすく、血液成分を漏らしたり、出血を起こしやすいため、それにより黄斑がダメージを受けるのがこのタイプです。

加齢黄斑変性の当院の特徴

萎縮型はとてもゆっくり進行しますので経過観察は必要ですが、積極的な治療は行いません。滲出型では、新生血管の増殖を抑制するために薬剤を注射する抗VEGF療法を行います。注射治療で日帰りで対応できますが、何度も受ける必要があります。

黄斑疾患

黄斑疾患とは、黄斑部という網膜の中心部に異常を来す疾患です。
黄斑部には、文字や色を識別するほとんどの細胞があり、網膜の中でも視機能が最も鋭敏なところです。

黄斑前膜

黄斑の前側に余計な膜が生じる病気です。
その膜が黄斑に皺を寄せるため物がゆがんで見えたり、視力が低下したりします。徐々に視力低下を来すことが多いですが、進行してから手術するよりも早期に手術をするほうが視力予後は良いとされています。治療は、その膜を除去するために硝子体手術が必要となります。

黄斑円孔

黄斑に丸い孔があく病気です。網膜の中心である黄斑は、視野の中心を担う非常に大事な場所です。黄斑に孔があくと、見ているものの真ん中が非常に見えにくく、字が欠けて見える、見たいところが見えない、などの症状がでます。治療は硝子体手術が必要となります。